ナチュラルテイストのジュエリーが流行っている今日この頃。

表面のテクスチャーにこだわって雰囲気のあるジュエリーを作ってみませんか?

つるつるぴかぴかの鏡面仕上げや

しっとり大人な雰囲気のつや消し(ヘアライン)仕上げも素敵ですが

仕上げの種類は他にも色々\(^o^)/

まずは入門編☆

荒らし鎚やいも鎚で叩いたり …

サンドブラストでビーズを吹き付けたりすると…
こーんな様々な表情になっちゃうんです!

ちなみにサンドブラストは2種類の粗さを用意 してますので作品のイメージに合わせて使い分けてみてくださいね♪

こちら↓のボールペンみたいな工具は先端にダイヤモンドが付いていて…

あっという間にこんなキラキラ加工ができちゃいます✨

慣れてきたら他の仕上げや刻印と組み合わせるとメリハリが出てこれまた良い感じ!

他の人と同じ仕上げは嫌だーーー!というこだわり派の方にはこちら↓がオススメ💡

まず、地金とお好みの布を用意します。

地金と布を重ねてローラーに入れると…

なんと布の織り目が転写されて出てきました!

今回使用した布帛の生地だけでなく、ニット地やレースの模様なども転写できちゃいます\(^o^)/

シンプルなデザインでもオリジナルの地金で作れば自分だけの作品に大変身!

オリジナルの荒らし鎚を作ることも可能ですので詳しくはスタッフにお尋ねくださいね😊

ではでは、また教室でお待ちしてまーす👋

 


渋谷の彫金教室
ジュエリースクール
渋谷の彫金教室 【studio crucible】